美肌づくりに繋がるスキンケア術

このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む

乳液の役割

若い頃は、洗顔後は化粧水をつけておけばそれだけで大丈夫だった、という人も、年齢が上がるにしたがって、化粧水だけでは肌がガサガサするようになった、乾燥して粉をふくようになった、シワができた、といった症状に悩む人は増えてくると思います。
つまり、肌が乾燥しやすくなったということです。
肌の乾燥というのは、残念ながら、歳を重ねると症状として出てきやすいものです。
高齢の女性が保湿をメインにうたっているスキンケア用品を好んで使用している人が多いのは、そういった理由が考えられると思います。
化粧水だけではものたらなくなった肌に投入してほしいのが乳液です。
乳液というのは、肌につけた化粧水の蒸発をふせぎ、肌の保湿効果を高めるためのものです。
乳液というとべたべたしているイメージを持っている人もいるかもしれませんが、最近ではそういった使用感を嫌う女性の意見から、化粧水のような感覚で使える乳液というものも多く発売されています。
乳液を使用すると肌に必要な油分などが補われるので、肌がしっとりとし、結果として化粧のりなども良くなります。
一般的には、化粧水のあとに乳液という順番で使うことが多いですが、製品によっては、洗顔後にまず乳液を使用し、その後に化粧水を使用するというものもあります。
すべてがそういった使い方のものではないので、各商品の使い方というのもよく理解して、使うことが大切です。
肌のかさつきが気になる人は乳液を取り入れられると良いと思います。
Search


Copyright (C)2017美肌づくりに繋がるスキンケア術.All rights reserved.